古都開封

连络先

住所: 開封市晋安路58号人民政府1号4階東側
郵便: 475004
電話: 0371-23934819
ファックス: 0371-23965709
メール:
faokf@yahoo.com.cn

現在の位置: 古都開封
開封関廟の三彫

* 源: * 著者は: admin * 発表の時期: 2014-09-11 *   閲覧:

開封関廟の三彫

開封山陝甘会館は清時代乾隆年間に、開封市で商売をする山西省、陝西省、甘粛省の三省の商人達が寄付して建てられた所、すでに200百年以上の歴史を持ている。館内は関羽を持っているため、関廟とも呼ばれている。
会館の敷地面積は大きくないけど、建物の配置が良く、華麗な装飾で、功夫を凝らしている。「三絶」(石彫・木彫・煉瓦彫)ということがきでる。特に木彫は精細で、珍しい建築である。



牌楼



牌楼角軒

 



大殿の軒下の木彫 息を保持して鑑賞してください

 





牌樓北面の盤龍額

 



東西棟の木彫

 







大殿木彫の一部分

 



大殿南軒下煉瓦全景(全長約25メートル)

 



会館の煉瓦彫

 







照壁の煉瓦

 



照壁全景

 照壁の石彫

陝甘会館の「三絶」は果たして名前だけのことがある

 

 

 

 

 

 

 

 

メッセージ | リンク集  | サイトマップ | 人材募集

このウェブサイトの著作権は開封市外事僑務弁公室にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます 河南ICP10022899号 技術サポートTGMen Internet